EmmeakkA

オーダーメイドフレームと自転車の制作をしています。

KR様 953ロードとSPIRITグラベル


f:id:emmeakka:20210616185549j:image

以前3本カーボンロードをご注文いただきましたKR様から今度は953ステンレスロードのご注文をいただきました。

ご感想もいただきました。

 
( 盛合様へ

インプレが遅くなり申し訳ございません。

物理的な重量もあると思いますが、
漕ぎ出しなどを含め軽いです。
3本カーボンは重いギヤを踏むとカエルが飛ぶ様に前へ進むのに対して
無意識で重いギヤで走っている様な感覚です。

3本カーボンはガンバッテ走るのが気持ち良い。
それに対して無意識で爽快に乗れている様な感覚です。

1台のロードを乗りこなし手足の様にする考えもあると思いますが、素人の贅沢な趣味として素材の違いを今後も楽しみたいと思っております。)

 

昨年に納車して既にご報告も頂いていたのですが、バタバタしてる間にアップロードせずに今日になってしまいました。

 

その後、サスフォークを使ったグラベルバイクのご注文もいただき、今年納車となりました。



f:id:emmeakka:20210616190754j:image
f:id:emmeakka:20210616190813j:image
f:id:emmeakka:20210616190837j:image

ストロークの短いサスフォークに軽量大口径のコロンブスSPIRITの組み合わせは、レースには向かないでしょうが、オフロードをファンライドするには必須の組み合わせかと思います。
インプレもいただきましたのでご紹介します。

 
( 盛合様

ご無沙汰しております。
作って頂いたグラベルバイクにて
林道およびダートを楽しんでおります。


初めてのフロントサスペンション付きグラベルバイク、650B/47Cのタイヤの使用で比較対象がなく感想などは困難と思いましたが、私なりに感じた事を書かせて頂きます。


ダートでの走行
ペダルを踏むとしっかり地面をとらえて進む感じがします。またクランクを回す感じではなく下に踏みつけると気持ち良く進む感じがします。
安定感もあり安心して乗れます。
怪我をしたくない事から選んだサスペンションフォークの重量増もまったく気になりなりません。


オンロードでの走行
ロードバイクと比べる事自体ナンセンスと思いますが
想像していたよりもロードに近いフィーリングで乗れてます。
事前に説明して頂いた、直進安定性重視のジオメトリーゆえのハンドリングの癖は重たさは感じるものの、慣れれば気になりません。


総合での感想
最高の大人の贅沢な遊び道具を手に入れられた感じがしており満足しております。


ありがとうございました。)

 

KR様、この度もご贔屓いただき誠にありがとうございます。

愉しい自転車ライフの一助になれていれば幸いです。

 

 

 

 

チタンミニヴェロ納車



f:id:emmeakka:20210605223850j:image
真っ青な空と海、白い吊橋をバックにしたミニヴェロの写真をいただきました。

チタンフレームとTrigonのカーボンフォーク仕様のミニヴェロは、1Xと言う事もあり軽量に仕上がりました。

重くなる要因のヘッドチューブはヘッドパーツ嵌合部以外は0.9mmにして軽量化しています。

フォークはTrigonの451用カーボンフォークを取り寄せました。

ワイヤー類はインナー内蔵工作しています。

ミニヴェロまた流行っているのでしょうか?

パーツ特にチェーンリングが歯数のバリエーション少なくネックに感じますが、ツーリングなら52Tでも十分ですね。

M様、ありがとうございました。

各地の一周コース制覇、頑張ってください!

 

 

Discロードに改造


f:id:emmeakka:20210511144209j:image

2012年に制作したI様のZONAロードをDiscブレーキ仕様に改造というご依頼をいただきました。上は改造前


f:id:emmeakka:20210511144638j:image
f:id:emmeakka:20210511144655j:image
f:id:emmeakka:20210511144705j:image

改造後の写真をいただきました。

フォークはOBSのDisc用カーボンフォークに換装し、リアエンド幅を135mmにした後、ISO規格の台座を設置しました。

追加でトップチューブ下にポンプを取り付ける台座を設けました。

塗装はカドワキコーティングさんにパウダーコーティングしていただきました。

ロゴを黒に変更しています。

パーツが1Xになってホイールもミドルハイトになり、雰囲気がだいぶ変わりました。

I様、今回もご用命ありがとうございました。

 

853PROロード K県U様へ


f:id:emmeakka:20210404224100j:imageU様からご注文いただきましたレイノルズ853Proのフレームが完成しました。

Proは853シリーズで最も薄い肉厚のチューブセットになります。

フォークはCalamitaから流用されています。

それに合わせてヘッドチューブだけ1-1/8のOSで他はノーマルゲージです。

製作中は柔らかい印象でしたが、U様が乗られた感じではシャキっとしているとの事でした。

熱処理されているので戻りが速いのでしょう。

インプレッションもいただきました。


前の自転車と比較するとシャキッとした乗り心地で(前の自転車は少しくにゃっとしてるという事に初めて気付きました)、特に頑張らなくてもスーっと加速しキビキビ走るので自分が少し強くなったと錯覚してしまいます。
これは楽しいです…

 

塗装にこだわり、日中に見ると黒っぽい青ですが、光源を変えると青がクッキリと浮かんで見えます。鶴岡レーシングさんの塗装で実現しました。

ヘッドマークはU様オリジナルの猫イラストです。

この度は遠くからのご用命ありがとうございました。

これからのライドが更に楽しいものになれば幸いです。



f:id:emmeakka:20210511201955j:image
写真をいただきました、日中に見る色と最初の写真の色は同じ色には見えませんね。

Gli stati unitiのM様用853


f:id:emmeakka:20210316221416j:image


f:id:emmeakka:20210316221434j:image

 

EmmeakkA初の直接gli stati uniti に渡った853フレームです。

クリテリウムでのロングスプリントを支えられる様、設計し材料も選択しています。

競技連盟の管理がしっかりしている国だと機材のルールもしっかりチェックされますから、可能な限りハンドル位置を下げられるようにしています。

Di2とメカニカルが共用出来るようにともご要望いただきました。

キノピオの安田さんとM様が打ち合わせを行ったペイントは宇宙のようなデザインです。

星もかたどられ、勝利のためのデザインと私は勝手に思っています。

Covid-19の影響でレースもままならない日が続きますが、通常再開の日が待ち遠しいです。

M様のご活躍を宮古より祈念しています。

ありがとうございます。

 

 

この機会にpaypalを使えるようにしました。

 

 

SO様 953スポルティーフ

コロナで大変な状況が昨年から続き、年初からも深刻な状況に気持ちも沈みがちですが、春の便りが届く頃には好転している事を神社にお願いしてきました。

昨年のハンドメイドバイシクル展でお会いし、その後遥々岩手までお越しいただき打ち合わせを行ったA県のSO様から完成のご報告と写真をいただきました。

長年サイクリングを楽しんでいらっしゃるので、一緒に市内まで走った時既にポジションが完成されていました。

帰りに冷たい雨に打たれてしまったのも良い思い出です。

 

インプレを頂戴しました。

[こんばんは、少し時間がかかってしまいましたが年末に完成しましたのでご報告致します。
 まだそれ程長い距離は走っていませんが、イメージほど硬くはなく、気持ち良く走っていたら自然にスピードが出ているというのが第一印象です。登りもよく走り下りも安定しています。またとても美しく作っていただいたので走っていても眺めていても大満足の一台になりました。これから長い距離やいろんな場面での走りが楽しみです。ありがとうございました。また連絡させて頂きます。]


f:id:emmeakka:20210108124315j:image
f:id:emmeakka:20210108124327j:image
f:id:emmeakka:20210108124334j:image
f:id:emmeakka:20210108124342j:image

フレーム、フォークともレイノルズ953です。

日工産業のステンレスラグを使いました。

久しぶりのラグ付きフレームでした。
わたし的には後ろのパンダも気になります。
SO様ありがとうございます。

 

 

KM様 SLロード

f:id:emmeakka:20200620074013j:imagef:id:emmeakka:20200620074022j:image

仙台市のベルエキップ様を通じてオーダーいただきましたKM様から写真とインプレをいただきました。

コロンブスのニオビウムSLチューブ(SL2009)とCROMORブレードで制作しました。

設計はベルエキップの遠藤様です。

カラーリングはブラックにミントブルーの組み合わせで新鮮な印象、Bianchi を彷彿させると思いました。

KM様からいただきましたインプレです。

私は自転車にそれほど詳しいわけでもないので、ジオメトリとかはベルエキップの遠藤さんにすべておまかせでしたが、なんともすばらしいロングライドマシンに仕上がっていると感じました。特に200㎞オーバー走るとそれなりに体にダメージがあるものと思いますが、あきらかに今までの自転車より疲労感が少なく、今までならお尻も腕も膝もそれなりに痛みがあるものでしたが、次の日に「そういえば昨日どこも痛みがでなかったな」とふと思い出すほど自然に乗っていました。

ティアグラ組なのでそれほど軽いわけではありませんが、登りもなんかボーとしていたらいつの間にか登っている。平地はそれほど頑張らなくてもまっすぐツーと転がっていく。下りは安定感があって安心して降りれる。と希望だった『ロングライドが楽になるフレーム』が完全に仕上がっていると感じました。

 

KM様この度はありがとうございました。

春先から自粛生活で出鼻を挫かれましたが、これから徐々に緩和され来年からイベントの開催も懸念なく行える環境になる事を願うばかりです。