EmmeakkA

オーダーメイドフレームと自転車の制作をしています。

I市のO様 8630Rロード

f:id:emmeakka:20190826062045j:plain

8630R

I市のO様から写真をいただきました。

今までお乗りの自転車での腕の詰まり感を解消したいとご依頼いただきました。

アルミフレームからカイセイ8630Rのスチールフレームへの乗り換えです。

距離を重ねると疲労度と脚の残り具合が違ってきます。

カラーリングはザ・ミヤタをオマージュした塗装です。

O様からご感想をいただきました。

さて、3/23に納車してから約5カ月が経過しました。
これまで乗ってみての感想を報告致します。

バイクコントロールがし易い。今まで乗っていたバイクより重量が軽い為なのかサイズがフィットした為なのかレスポンスがいいです。
脚の負担が少ない。坂を登るとき、以前は立ちこぎをすると直ぐに足に負担がかかりましたが、楽になりました。又、シッテングで登る時も、負担がかからず1枚重いギアでも登っていける感じです。
乗り始めの時、ペダルを踏みこむと力が抜けて前に加速が遅い感じで、加速がつくと巡行速度を維持しやすい印象です。

尻、腰などに負担が掛かる時がありますが色々乗り方考えながら、楽しんでいます。

 

厳しかった暑さも終わり、いよいよバイクシーズン秋編に突入です。

O様はロングライドイベントにも参加なさるとのこと、目一杯楽しんでください。

O様ありがとうございます。

H県のK様 953ロードTIG仕様

f:id:emmeakka:20190819222036j:plain



 

f:id:emmeakka:20190819221541j:plain

ナイトライド用953ロード
H県にお住いのK様から、完成写真とインプレをいただきました。
ナイトライドのヒルクライム用に汗にも錆びにくいフレームという事で、ステンレスをご指名いただきました。
フォークはすでにお持ちのメッキフォークをお使いになるとの事で、フォークを送っていただき採寸後に図面に反映させました。
そしてヒルクライムを重いギアでこなされるので、乗車時の画像と身体計測を複数回お願いし、現在お使いの自転車のデータと比較しながらスケルトンを決定し、ご承諾いただきました。
をご覧ください。。
K様この度はありがとうございました。



K様 3本カーボンハイブリット ディスクロード

イメージ 1
イメージ 2
K様のメイン3本グラファイトデザイン製カーボンチューブS(ソフトタイプ)を使いましたスチールとのハイブリットフレームです。
フォークはコロンブスのFUTURAディスクをシルバーに塗装しています。
今まで製作したフレームにはグラファイトデザイン製のカーボンチューブハードタイプを使っていましたので、初めてのソフトタイプです。

K様よりインプレをいただきました。ありがとうございます。
少しギアを重くしてペダルを連続して上から踏み下す様にすると
カエルが跳び跳ねる様に前へ進む様な感覚があります。
それが気持ち良く感じております。
また、苦手だった登り坂も体重をかけてペダルを踏み下すとホイールが回ってくれる感覚があり積極的に坂に挑む用になりました。
カーボンチューブの撓りの戻りとペダリングが上手く合致したのですね。
この感覚は、私もスチールフレームで経験があります。その時は旧コロンブスSLでした。
私はそれ以来コロンブス信者になったのでした。

K様の今回のオーダーをいただく経緯も初めてのケースでした。
中古で入手なさったEmmeAkkaのレイノルズ953フレームを気に入っていただき、今回は3本カーボンのハイブリットをオーダーいただきました。
①ステンレスフレームは気持ち良く前へ進んでくれそれが気持ち良いい。
②カーボンクロモリハイブリッドは少しギアを重くしてペダルを踏み下すとカエルが飛ぶ様に前へ進むのが気持ちいい。
ますます自転車が好きになり
素材での乗り味の違いを楽しむ事にも目覚めてしまいました。

とあまりにも私にとって嬉しいお言葉をいただきました。
オーダー打ち合わせの時と納車の日の2回、遠路片道600キロ近くをとんぼ返りの如くお越しいただきました事ありがとうございます。
今度は三陸をサイクリングがてらゆっくりお越しいただければと思います。
K様ありがとうございます。又よろしくお願いいたします。

K県N様 ZONAロード

イメージ 1

イメージ 2

連休中に昨年フレームを納めさせていただきましたK県のN様が、派遣職員として勤務なさった山田町へ向かう途中お立ち寄り下さいました。
カラーリングはパステル系の柔らかい多色塗りで目を引きます。
オーバーサイズのシートチューブにシートカラーを使い27.2mmのシートポストを装着していましたが、シートカラーがアンダーサイズ気味でシートピンが締まりきりそうでした。少し太めのシートカラーを作って対応しました。
時折山田町にお越しになるとの事。又お越しの際はお立ち寄り下さい。

Y様チタンラウンドロード

イメージ 1
Y様より完成したチタンバイクの写真をいただきました。新緑の下でのバイクも良い感じです。
東京都稲城市のHakkle様を通じて Y様のチタンラウンドチューブフレームのご注文をいただきました。
Hakkle様で身体計測と乗車ビデオを撮影していただき、その後図面作成し話し合いでの図面修正、合意後制作へと移ります。
72度のシートアングルは乗車ビデオを参考に決めています、身体測定だけでは到らなかったであろう数値です。
Y様のご要望でフォークとコラムスペーサーをフレームの近似色に塗装しています。
塗装はミルキーウェイさんです。
チタンフレームの主張を和らげ一体感のある自転車を醸し出していると思います。
重量も7.5キロを切っているそうです。
Y様のバイクライフのお供としてご活用いただければ幸いです。

以下Y様からいただきましたお言葉です。勿体ないお言葉の数々ありがとうございます。

軽い重量にもかかわらず走りはヒラヒラせず安定した乗り心地です。
最初にお願いした通りの素晴らしいフレームです。ロングライドも安心です。
有難うございました。
乗り心地・走り・見た目 全てにおいて大満足です。




A県のH様 2本カーボンハイブリットディスクロード

イメージ 1
A県のH様から写真をいただきました。
寒い時期の納車でしたので、今春まで我慢なさってのシェイクダウンとなりました。
今までクロスバイクに乗られていて、ディスクロードのご注文をいただきました。
Di2のディスク仕様は正しくトレンドですね。
カラーはNissanの知る人ぞ知る赤です。塗装屋さんも知っていました。

GDR社製のカーボンチューブをトップとダウンに配置して、硬すぎないしなやかさを手に入れました。
GDR社のカーボンチューブは、硬さを2種類、外径をそれぞれ3種類用意されています。
組み合わせを選べるのも利点です。永く供給していただければ助かります。
一度フレームを完成させてから、カーボンチューブを入れる箇所を切断後ラグ構造にしてからカーボンチューブを接着するので手間が掛かります。

H様、シェイクダウン後インプレをいただきました。
それにしても…このバイクはすごいですね。ヨイショでは無いですが、本心でそう感じます。まず100㎞超走って身体に疲労はあっても、ダメージはほぼないことにビックリです表情ふらふらこれがクロモリの特性なんですかねはてなマーク️今日は腰痛もなく普通に動けて、さっき車のタイヤ交換をしました!!
クロスバイクでこれだけ走ると、達成感と共にどこかに痛みが出て、ゆっくり休みたい気持ちになりましたが、このロードは何ならもうちょっと走ってくるか、という気持ちになります表情ふらふら
追い風とはいえ、平地で58㎞ものスピードが出ましたし、何と言いますか、とんでもないものを手に入れてニヤニヤが止まらないという気持ちです表情嬉しいこれも意識して飛ばした訳ではなく、気持ち良くペダル回してたら出ちゃった、ということです。

クロスバイクとロードでポジションをかなり変更しました。
ポジションの煮詰め作業でこれからもご相談承ります。
宜しくお願い致します。

春 桜と

イメージ 1

山形県のMさんからお花見ライドのポストカードが届きました。
宮古もほぼ満開ですが、日本海側も満開ですね。
2台の自転車はエンメアッカです。ピンクの自転車とサクラのピンクがいい感じに調和してます。
ありがとうございます。